気になるまとめ情報

ビートたけしがラモス瑠偉から説教された結果wwwww

   

ビートたけしがラモス瑠偉から説教された結果wwwww

1: Egg ★ 2018/02/02(金) 07:48:18.99 ID:CAP_USER9

2月4日(日)夜6時57分より放送の「ビートたけしのスポーツ大将 3時間SP」(テレビ朝日系)で、中村俊輔選手が天才中学生ゴールキーパーとフリーキック対決に挑戦する。

Jリーグで歴代1位となるフリーキック24本を決めている“伝説の左足”の持ち主・中村選手(ジュビロ磐田)は、ペナルティーキック=PKではなく、番組初のフリーキック=FKでサッカー天才キッズと対戦。中村選手は矢部浩之とチームを結成し、中村選手は距離25m、矢部と天才キッズは20mというハンデマッチに挑む。

中村選手と天才キッズGKの間には185cmの壁が5枚立ちはだかる一方で、矢部と天才キッズの前には165cmの壁が3枚と、岡村隆史が“動く壁”として参戦。その上、天才キッズのFKを阻止せんと、元日本代表GK・川口能活選手がゴールを死守する。

かつて日本代表の危機をスーパーセーブで何度も救ってきた川口選手の参戦は、中村選手にとって大きなサポートとなるも、中学生天才キッズチームも、将来の日本代表を背負って立つ高い身体能力を誇る3人が集結。

さらに、中村選手が所属するジュビロ磐田の名波浩監督も解説として登場。中村選手に「入れないと(試合で)蹴らせないよ」とプレッシャーをかけながらFK対決を見守る。

ビートたけしも、「PKとFKでは同じ止まっているボールを蹴るにしても蹴り方が全然違う。サッカーって奥が深いスポーツだよね」と期待を寄せる。

そんなFK対決をスタジオで見守るラモス瑠偉にたけしが、「俺は『ラモスをワールドカップ日本代表監督にする会』の会長なんだけど、会員が1人減り、2人減りとなって、今じゃ会員は俺だけ。まるでおかしな新興宗教の教祖みたいになっちゃったよ(笑)」と言うと、サッカー解説などでは強面で厳しい批評をするラモスも苦笑い。

さらにたけしは、キング・カズこと三浦知良選手がブラジルから帰国したての頃に、ラッシャー板前の家に居候をしていたという秘話を暴露。

続けて、以前の「スポーツ大将」で、当時読売クラブに所属していた三浦選手とラモスがたけし軍団とチームを組んでサッカー対決をした際に、「試合に負けたら、『恥ずかしくないのか!』って怒られたんだよ。ラモスはアマチュアの遊びだと思っていないんだよね。おまけに『グラウンド走れ!』って走らされて、走りながら『俺たち芸人なんだけど』って思ったよ(笑)」と30年も前の秘話を明かした。

そして、いつか天才キッズとの対決にも参戦して欲しいとたけしに頼まれたラモスは、「いつでも!」と快諾し、「絶対に負けないよ!」と力強く宣言した。

つづく

2/2(金) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00136102-the_tv-ent

写真no title

続きを読む

 - Uncategorized